リバーサルフィルムが出走して8着でした。

SnapCrab_NoName_2017-6-18_8-2-47_No-00.png
毎度毎度、人気を裏切ってくれますわ。

まあ人気以下の着順になることは仕方がない。

負けても仕方ないと思えるような、使い方をしてもらいたい。

今まで全く見所ないレースを3走もしてて、ほぼほぼ条件変わらずのダート戦を使う事に納得いかん。

そもそも最初から芝使え、それでダメな時、みんなが考える事
ダートなら一発あるかも!
これが未勝利馬の王道でしょ。

プロの調教師がダートって判断したんだから・・・やかましいわ

灯台下暗しなんだわ
黙って芝使え。

あと間隔空けすぎ、すぐ使え、明日使え。それくらいの気持ちで挑んで下さい。

そして、昨日5着と健闘したデスティニーソング
よう走った。
この馬はいつも最後までしっかり走る、見てて気持ちのいいレースをします。
今後も楽しませてくれるはずです。

最後にグランドサッシュ
5着でした。
どんだけ強敵が揃おうと、出資者はこの馬のポテンシャルの高さは知っている。
だから人気がなくても、いつでも期待できる。
ただ、厩舎が3流通り超して4流、5流で
なんやかんやいちゃもんつけて、1走で放牧するビビリ厩舎なのがネック。
毎回放牧明けで、フルパワー発揮できないのは調教師のせい。

さてさてフラストレーション爆発寸前のシルク軍団ですが、
シルクの愛馬が今日も1頭出走します。
3頭出資してて、今週3頭まとめて出走するとは珍しい。
今日出走するのはインハーフェイバーです。

これにも文句がある。
芝を使え。
この馬も頼りないですよ。
まあリバーサルフィルムよりは期待できますが、シルクの馬はいかんせんスタートが弱い。
ノルマンディーの馬はスタート命で先行して逆噴射か、まぐれ粘りで好結果のパターンが多いのですが
シルクの馬は何を気取ってるのか、G1馬バリにゆったり構えて直線向いて
1頭差せるかどうかのレベルです。

インハーフェイバーはまた過剰な人気してますが、勝てません。
後ろから行って、ちょろっと数頭抜いて最高で3着(2%)、4~7着(55%)8着以下(43%)
良い所は鞍上でしょうね。
坂井騎手は2年目の騎手では1番巧いと思ってるし、これからグングン腕あげて
川田騎手くらいにはなるんじゃないかと期待してる騎手です。

勝つのは岩田騎手だと予想しました。
捲くっていける馬に乗ると岩田騎手は巧いですからね。
SnapCrab_NoName_2017-6-18_8-1-55_No-00_20170618083356bd9.png



SnapCrab_NoName_2017-6-18_8-1-39_No-00.png


dd368df8275ec35e001b1d4ad04e120f.png